ミュージックワーカー養成講座イメージ

ミュージックワーカー養成講座とは

ミュージックワーカー養成講座イメージ

保育・教育・医療・福祉・心理。ミュージックワーカー講座は、人が集まる場で、音楽を使って活動したい方のための講座です。介護士や保育士など「人」と接する職業の方は、さらにスキルアップできます。
音楽活動を行うための具体的なスキルから、他職種と連携するための業界基礎知識まで、しっかりと学ぶことができます。

バランスの良いカリキュラム

本講座では、療法的音楽を理論的に理解し、実践するためのカリキュラムが組まれています。
音楽活動は、利用者の方(クライエント)同士の仲間作りやコミュニケーションの促進に役立ち、その人らしいあり方を引き出してくれるので、生活の質の向上、心と身体の発達をサポートできます。クライエントに適した活動を展開すると、活動前と後ではクライエントの姿に大きな変化があります。その変化を意図的に引き起こすためには、学科・実技・実習をバランスよく学ぶことが大切なのです。

ミュージックワーカー養成講座イメージ

豊富な実習先

本講座では、児童・成人・高齢者の三領域の施設や病院で経験を積むことができます。丁寧な実習指導がありますので、初心者の方でも安心して実践力を身につけていくことができます。

ミュージックワーカー養成講座/豊富な実習先イメージ

こんな方におすすめします

  • みんなで演奏したり、歌ったりすることが好き
  • 幅広いジャンルの音楽に興味がある
  • 福祉関係の仕事をしたいけれど、特技も活かしたい
  • 「人」に喜んでもらうことが好き
  • 心理関係の勉強をしたけれど、どんな職業についてよいかわからない

など、ミュージックワーカー養成講座を受講していただくことで、さまざま経験を活かしていける未来への第一歩となります。 さらに、日本音楽療法学会が認定する資格取得を目指すこともできます。ご興味のある方は、下記よりご覧ください。

日本音楽療法学会が認定する資格取得を目指す方

日本音楽療法学会が認定する資格取得を目指す方には、臨床経験証明書を発行します。
本講座の実習は、日本音楽療法学会音楽療法士認定制度一般コース申請で必要なセッション数にカウントされます。

お電話でのお問い合わせはこちら